NEWSお知らせ

2019年11月12日

イベント(12/6[金]):若者支援の「手段」としてのプログラミング ~「若者支援×プログラミング=プロブラマー育成」とは限らないワケ~

本イベントは、若者TECHプロジェクトの事例や、行政・企業の立場からのスピーチをお聞きしながら、これからの若者支援に必要な視点を考え合っていくものです。
支援者はもちろん、若者・就職氷河期世代への支援に関わる行政の方のご参加もお待ちしております。
詳しくは、申込専用サイトもご覧ください。

<実施詳細>

●日時:2019年12月6日(金)13:30~16:00(開場:13:15)
●会場:日本マイクロソフト株式会社
 ※入場には別途、日本マイクロソフトから発行される入館証が必要で
 ※入館証は当日配布となりますので、2F正面玄関裏手のセミナー受付にてお名刺のご提示をお願いいたします
 ※2Fでの受付は13:00からとなります
 ※入館証発行手続のため12/5(木)正午までに以下の専用サイトからお申し込みください
●内容:
 >Part.1:若者TECHプロジェクトについて
  *Word・Excel・PowerPointからプログラミングへ、その背景
  *実践事例、2018年~2019年までの成果と課題
  *データから分かる受講者の変化・成長
 >Part.2:雇用政策・採用戦略の方向性を、行政・企業の視点から学ぶ
  *多数の若年無業者を採用してきた企業は若者の何を見ているか
  *厚生労働省は、なぜ「日本版O-NET」に取り組むか
 >Part.3:意見交換
●参加費:無料
●参加方法:申込専用サイトよりお申し込みください