若者TECHプロジェクト

NEWSお知らせ

ABOUT若者TECHプロジェクトとは?

すべての若者支援現場に、ICT を学び、
ICT 学習を通じて成長する機会をつくり、
若者の成長可能性と雇用可能性を最大化する。

本プロジェクトは、「すべての若者支援現場に、ICT を学び、ICT 学習を通じて成長する機会をつくり、若者の成長可能性と雇用可能性を最大化する」ことをめざして、日本マイクロソフト株式会社と若者支援に取り組む NPO が協働し、若者支援現場で活用できる ICT 学習のカリキュラムを「開発」し、「検証・ブラッシュアップ」し、「普及」する取り組みです。
2010 ~ 2017 年度に、同じく日本マイクロソフトと全国の若者支援 NPO 等が協働して取り組んできた「若者 UP プロジェクト」 (Word・Excel・PowerPoint 等、Office 系アプリを中心とした IT スキル研修の実施) によるネットワークと知見を土台として、より時代のニーズにマッチしたものとして発展したプロジェクトとなります。

OUTLINEプロジェクトの内容

  • 1:様々な若者支援現場に導入しやすいコース (カリキュラム・教材・講師用ガイド) の開発

    ビジュアル コーディング/テキスト コーディング、データベース、サーバー、ネットワーク、AI など、「これからの時代を生きるために少しでも知っておくと良い ICT」を素材としたカリキュラムや、「Minecraft を活用した就労準備トレーニング」のような、ICT を活用した支援プログラムを、日本マイクロソフトと若者支援に取り組む NPO が協働して開発します。

  • 2:開発したカリキュラム等の、若者支援現場での実践検証とブラッシュアップ

    開発したカリキュラムは日本マイクロソフトと協働する NPO の若者支援現場で実践検証され、より効果的に、より「誰でも実践できるもの」としてブラッシュアップしていきます。

  • 3:効果検証とブラッシュアップされたカリキュラムと教材の普及

    ブラッシュアップされたカリキュラムを、若者支援団体むけのポータル サイトを通じて提供していきます。必要に応じて講師育成研修や、勉強会の開催などをしていくことで、「すべての若者支援現場に、ICT を学び、ICT 学習を通じて成長する機会」をつくっていきます。

プロジェクトの目標

  • 1:開発と実践検証に 5 団体/機関の協力を得る

  • 2:20 以上の若者支援団体/機関がカリキュラムと教材を使用し、のべ 1,500 人以上の若者に ICT 学習の機会を提供する

  • 3:ICT 学習に参加した若者の 30% が受講修了後 3 か月以内に就労し、70% は就労にむけたトレーニングを継続する

    ※本プロジェクトにおける「若者」は、義務教育を修了した 15 歳から 45 歳未満

STRUCTURESTRUCTURE

日本マイクロソフトをプロジェクト オーナーとして、事務局 (認定 NPO 法人育て上げネット) とコア団体 (開発・検証の中心となる NPO) でプロジェクトを推進します。
「普及」のフェーズでは、全国の若者支援 NPO 等と連携し、より多くの若者に機会提供できるようにします。

実施体制